ALLEN&HEATH Xone:23C

ALLEN&HEATH Xone:23C DJミキサー
Xone:23Cは、デジタルDJと従来のアナログDJスタイルを融合させることを可能にしたコンパクトサイズのDJミキサーです。

この高性能な2 + 2チャンネルDJミキサーは、高品質の4ステレオ96kHz 24ビットのオーディオインターフェイスとしても動作します。さらにXone:K2を接続するためのX:LINKを装備しています。Xone:23C とXone:K2を繋げる事でパフォーマンスの向上、視認性、レコーディングなど、あなたのDJプレイを別次元に高める事が可能です。

Xone 23Cは、伝統的なXoneフィルターとレゾナンスコントロールそしてVCAフェーダーや3バンドKill EQ、更にフラッグシップモデルのDB4から継承したLED付のスイッチやクロスフェーダーカーブセレクターなど、トップクラブのブースに見られるプロ仕様です。

ミキサーの心臓部にはアナログ式のVCF(ボルテージコントロールフィルター)によるLo-PassとHigh-Passフィルター、そしてフリケンシースイープと”Mid to Wild”レゾナンスコントロールを搭載しているほか、FX Loop端子から外部エフェクトに接続してフィルターへサウンドを戻す事も出来ます。

Xone:23Cは2 + 2チャンネル仕様でPhonoとLineを同時に入力する事が可能です。例えば1つのチャンネルでターンテーブルとCDを同時に扱うことが可能です。ステレオチャンネルは独立して入力レベルを調整出来るほか、PhonoとLineを同時に入力する事により、最大4つのステレオソースをメインミックスと外部エフェクトへルーティングする事が出来ます。

さらに内部のオーディオインターフェイス機能によって、お手持ちのDJソフトウェア等から再生や録音を可能にします。 Main Mix 出力とマイク入力はプロ機器では標準仕様となるXLR(キャノン)端子が用意されているほか、RCA端子のREC出力も別途用意されています。更には独立したボリューム調整が可能なBooth出力やCue Mix、そして9段階のLEDピークメーターといった、モニタリング機能も充実しています。

Xone 23Cは最新鋭フラッグシップモデルXone DB4から受け継いだ、視認性に優れたソフトボタンやバックライト、LEDメータを搭載しているほか、独特な形状のフェイスプレートを採用するなど、外観も最先端デザインを取り入れています。

Xone:23CはMixvibes Cross LE Softwareが付属します。さらにDVcontrol*とXone:Kシリーズ・コントローラをプラグ&プレイで利用する為のマッピング ファイルが付属します。 *内部ジャンパーに再設定が必要です。

4ステレオチャンネルUSBオーディオインターフェイス

実際のアナログDJプレイの録音やデジタルDJプレイ、またはご利用のDJソフトウェアの再生と録音用に、高品質4ステレオチャンネル96kHz/24ビット対応のUSBオーディオインターフェイス機能を搭載しました。

X:LINK

Xone:23CにはMIDIコントローラー Xone:K2を直接接続可能な端子XLinkを搭載されています。 XLinkはイーサネット接続を介して電力やMIDIデータを提供するので、コンピュータのUSBポートの節約にもなります。

VCF フィルター システム

ミキサーの心臓部にはアナログ式のVCF(ボルテージコントロールフィルター)によるLo-PassとHigh-Passフィルター、そしてフリケンシースイープと”Mid to Wild”レゾナンスコントロールを搭載しています。

エクスターナル FX Loop

FX Loop端子から外部エフェクトに接続してフィルターへサウンドを戻す事が可能です。

3バンドEQ

特定の帯域をブーストやカットし、正確なDJミックスを行う為に、2つの入力チャンネルにはアイソレータとしても使用可能な3バンドEQを装備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です