PIONEER RMX-1000

PIONEER RMX-1000 パイオニア

あらゆるシーンでオリジナリティ溢れるパフォーマンスを実現するリミックスステーション

DJプレイから楽曲制作まで、多彩なアレンジを直感的に加えパフォーマンスを向上させるリミックスステーション

オーディエンスの状況に合わせて盛り上げたりブレイクをはさむなどの効果を、シンプルな操作で瞬時につくることができる個性的なエフェクトの他、各セクションごとに多彩なエフェクトを搭載しています。

また、各エフェクトのパラメーターの数値や種類はカスタマイズできるので、よりオリジナリティ溢れるアレンジを可能にします。さらにカスタマイズした設定はSDカードで持ち運べるのでクラブに設置しているRMX-1000でもオリジナルのエフェクトパフォーマンスを可能にしたり、複数の設定データを持ち運びシーンや状況に合わせてエフェクトを使い分けることができます。

付属のRMX-1000 Plug-in (VST/AU/RTAS対応)により、楽曲制作アプリケーションを使用して制作している楽曲にRMX-1000のエフェクトをDJミックスと同等の感覚を加えることができます。これにより、編集時間の短縮を実現するとともにより直感的な楽曲制作がおこなえます。

主な機能

DJプレイと同じエフェクトを楽曲制作でも使用できるプラグイン対応

楽曲制作用アプリケーション(VST/AU/RTASに対応)上で使用できるRMX-1000 Plug-inにより、RMX-1000使いやすいツマミとDJプレイで使い慣れたエフェクト効果を、DJプレイと同じ感覚で楽曲制作でも使用できます。

新たな楽曲展開を瞬時に作り出すSCENE FX

各エフェクトは「BUILD UP(音追加系)」と「BREAK DOWN(音カット系)」の2つに分類され、中心の大きなツマミを回すだけで、楽曲の盛り上がりをさらに強調したり、楽曲にブレイクをはさむなど、新たな楽曲展開を作り出すことができます。また、各エフェクトには多彩な変化をつけることができる2つのサブパラメーターがあり、オリジナリティのあるDJプレイが可能です。

帯域別に音色を変化させるISOLATE FX

DJミキサーのISOLATORのように、楽器ごと(周波数帯域ごと)に音を加工することができます。このセクションにはISOLATORに加え3種類のエフェクトを搭載し、リズムパターンや音色などをHI/MID/LOWの周波数帯域別に自在に変化させることができるので、ISOLATORを使う感覚で個性溢れるDJパフォーマンスを行えます。

新たな音を直感的に加えるX-PAD

原曲にはない新たな音を楽曲のリズムに合わせて追加し、楽曲展開を多彩に演出できます。内蔵されている4種類の(KICK/SNARE/CLAP/HIHAT)に加え、remixboxTMで編集した音をSDカードから読み込むことで、好みのサウンドによるDJプレイも可能です。

楽曲展開に個性的な表現を与えるRELEASE FX

「RELEASEFX」のレバーを倒すことで、楽曲の音を消してエフェクト音のみを出し、楽曲に新たなアクセントを追加したり、ミックス時の効果音として使うことができます。また、レバーを戻す際に全てのセクションのエフェクトをOFFにする機能を兼ねているので、エフェクトのかかった状態の楽曲から原曲に戻すパフォーマンスも可能です。

さまざまなニーズに対応できるユーザーカスタマイズ機能

同梱の専用エディティングソフトウェアremixbox™を使用することで、各種パラメーターの数値や種類を変更することができます。エフェクトをカスタマイズすることで、より個性的なDJプレイを楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です